Steaks

GUNMA AKAGIGYU BEEF (21 days aged)

群馬県産赤城牛(21日間熟成)

赤城牛は、黒毛和種(黒毛和牛)を交配した交雑種で、健康な赤身肉と和牛由来の風味の良さが持ち味です。旨みの元であるアミノ酸を多く含み、柔らかくきめ細やかな肉質をしています。噛むほどに牛肉本来の香りと旨みが口の中に広がり、後味はスッキリとした余韻、脂は赤城牛ならではの甘く上品な味わいが楽しめて、ほどよいバランスの良さを味わえます。群馬県の赤城肉牛生産販売組合の組合員となる生産者皆さんが、お客様の美味しさで笑顔あふれる場面を思い浮かべながら日々命と向き合い送り出される銘柄牛です。

3週間の「枯らし熟成」と37 Steakhouse & Bar独自の炭火のみで焼き上げる事で、ポテンシャルを最大限に引き出します。21日間熟成の旨味、炭火の香りたっぷりの赤城牛をお楽しみ下さい。

Porterhouse Steak

ポーターハウスステーキ(骨付き)

骨を境にサーロインとテンダーロイン(フィレ)の2種類のお肉が楽しめるステーキです。2~5名様でお分け頂くのがおすすめです。

800g ¥21,000

1200g ¥26,600

700g Bone-in Rib Steak

リブステーキ(骨付き/700g)

¥16,300

800g Bone-in Sirloin Steak

サーロインステーキ(骨付き/800g)

¥17,800

BLACK ANGUS BEEF From Australia (21 / 35 days aged)

ブラックアンガスビーフ(21日間/35日間熟成)

イギリス・スコットランド原産の牛。ブラックアンガス牛のお肉は、赤身と脂身のバランスが良く、柔らかい肉質とジューシーさが魅力です。

牧草だけで育てられた「グラスフェッド(牧草肥育)」といわれる肥育と、牧草で肥育され、その後、穀物によって肥育される「グレインフェッド(穀物肥育)」という肥育方法があります。

37 Steakhouse & Barのリブステーキのお肉は、「グレインフェッド」のなかでも、150~180日間の中期穀物肥育によって育てられた「ミドルフェッド(中期穀物肥育)の牛肉を使用していますので、赤身と脂身のバランスが絶妙な牛肉です。国産の牛肉よりもお肉の味が濃い上に、21日間熟成されているので、さらにお肉の旨みが凝縮され、本来の「肉」らしい味がします。

また、当店内に設置された熟成庫にて、元々21日間熟成された状態で仕入れたお肉を、さらに自家熟成で14日間(2週間)熟成させます。計35日(5週間)の熟成を経て凝縮されたお肉の旨みを、是非お試し下さい。

35 Days Aged 350g Boneless Rib Steak

35日間熟成 ボーンレス リブステーキ(骨なし/350g)

¥13,000

35 Days Aged 650g Bone-in Rib Steak

35日間熟成 リブステーキ(骨付き/650g)

¥17,200

21 Days Aged 350g Boneless Rib Steak

21日間熟成 ボーンレス リブステーキ(骨なし/350g)

¥8,700

21 Days Aged 650g Bone-in Rib Steak

21日間熟成 リブステーキ(骨付き/650g)

¥13,200

価格は全て税込価格です | Tax icluded.

GUNMA AKAGIGYU BEEF

BLACK ANGUS BEEF